Home‎ > ‎

コース概要


地域コース・観光まちづくりコースの概要

地域コース


◆◆教育理念◆◆

 これからの時代は「地域(Region)」ということばが重要なキーワードとなって動いていきます。
 経済のグローバル化が進行し、ヒト、モノ、カネが国境を越えて自由に動き回るようになっています。経済のグローバル化は、一面ではいろいろな地域の同質性を高めていきますが、そうであるからこそ、それぞれの地域が固有の資源や文化を大切にしながら、独自の魅力を高め、地域レベルで世界のさまざまな地域と交流を深めることが重要になっています。このため、世界的に地方分権化が進められ、地域社会の自律的な発展が大きな課題となっています。地域が独自の魅力を高めるためには、地域に多様な人材が蓄積されることが重要な課題となります。
 本コースは、政策立案・分析能力を高めるリーダーとして、地域社会の発展に貢献することができる人材を育成することを目指します。


◆◆教育目標◆◆

(1)地域社会に関する種々の問題に対して、総合的な観点からアプローチし、分析・処理することができる。

(2)地域において新しい仕事を創造し、人々の利害を調整しながら、種々の政策や活動を立案することができる。

(3)地域の活動に主体的に参加し、地域におけるリーダーとして、地域社会の発展に貢献することができる。

















観光まちづくりコース


◆◆教育理念◆◆

 観光産業は21世紀のリーディング産業となる可能性を持ち、今後の地域の活性化のためには、観光産業を地域の基幹産業として育てていくことが重要な課題となっています。日本政府も観光立国を重要な国策として推進しています。これからの観光は名所旧跡等を見物するという従来型のそれではなく、地域の文化、くらし、歴史、伝統、景観などをまちづくりの中で再評価し、それを活かした「まちづくり型観光」を目指す必要があります。このためにも、国際的な視野から地域資源を発掘・再評価し、企画・コーデュネートできる人材を育成することが決定的に重要です。本コースは「観光まちづくり」における地域のリーダーを養成することを目指します。

◆◆教育目標◆◆

(1)観光に関する学際的な専門知識を持ち、観光政策を立案することができる。

(2)国際的な視野から、文化、暮らし、歴史、伝統、景観などの地域資源を発掘・再評価し、広く国内外に発信できる。

(3)豊かなコミュニケーション能力を持ち、住民主体のまちづくりをコーディネートできる。

(4)人を暖かく迎えるホスピタリティの精神を持つことができる。